dentist

歯磨きの習慣

小児歯科を選ぶポイント

歯科医院を探す際には、小児歯科専門の医院、または小児歯科の標榜をしている歯科医院を探しましょう。歯の治療の基本は、大人も子どもも同じですが、小児歯科では永久歯など将来のことを視野に入れながら、むし歯の治療や予防、歯並びの管理などを行っています。また、歯科医師やスタッフが子どもの扱いに慣れているので、安心です。もし近所に小児歯科がない場合は、現在の子どもが何歳なのかを伝えたうえで、「子どもの歯にフッ素の塗布をしてくれるか」、「子どもに歯みがき指導してくれるか」などと質問してみるとよいでしょう。子どもの歯は次々と生え替わるので、経過を診てもらうためにも、かかりつけの歯科医師を決めて、長く通うようにしたいものです。

むし歯予防に欠かせない

「生後半年から始まる歯みがき習慣」歯みがきは、いつから始めたらよいのでしょう。歯の本数が少ないうちは、食後に水を飲ませたり、ガーゼでふく程度ですませがちですが、それだけでは、むし歯の原因になるプラークはなかなか落としきれません。実は、1歳半健診の時、歯科医師に指導されてからでは遅いです。これくらいの年齢になると、自分の意志がしっかりできて、歯みがきを嫌がる子供も出てきます。6カ月〜1歳頃の離乳食期は、口に入るものは何でも受け入れます。ここで歯ブラシに慣れさせておくと、歯みがきに対する抵抗感が低くなります。生後6〜8カ月くらいの時期は、歯が生えてきて、歯ぐきのあたりがモゾモゾする時期。ここで第一歩として利用したいのが(歯固め)。歯固めは、唇や舌に刺激を与え、自分の力で噛む能力を養うためのアイテム。様々な形が市販されていますが、歯ブラシの形状の物を選び、歯ブラシに慣れさせましょう。

Copyright© 2015 歯科インプラントで自然な歯を取り戻す【歯の命ガード】 All Rights Reserved.

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com